【ニュースリリース】
『Fate/Grand Order』
「日本ゲーム大賞 2018」にて
「年間作品部門 優秀賞」を受賞

2018.09.20

FGO PROJECT(有限会社ノーツ、株式会社アニプレックス、ディライトワークス株式会社)は、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)が主催する「日本ゲーム大賞 2018」において、スマートフォン向けFateRPG『Fate/Grand Order』が「年間作品部門 優秀賞」を受賞したことをお知らせいたします。

 

「日本ゲーム大賞 2018 年間作品部門」は、一般投票および日本ゲーム大賞選考委員会による審査を経て、年間を代表する作品に贈られる賞です。

この度、『Fate/Grand Order』は、「壮大な世界観と、スキルやコマンドカードを駆使した戦略的なバトル、更には個性豊かなキャラクターと豪華声優陣の起用など、フリートゥプレイ作品として、そのクオリティの高さと数々の魅力に、多くのユーザーからの支持が寄せられた」ことが評価され、受賞となりました。

 

■受賞コメント:Fate/Grand Order 総監督 奈須きのこ

日本ゲーム大賞優秀賞の受賞、たいへん嬉しく思います。

開発スタッフ、そして運営スタッフを代表し、感謝の言葉を述べさせていただきます。

 

『Fate/Grand Order』はRPGとして特に新しい事をしたゲームではありません。自分たちが面白いと信じる物語をRPGの形式にした、これまでにあった多くの先達たちのゲームと何ら変わりのないものです。ただ違うものがあったとしたら、それは一つの物語を全員で追跡し、完結させる、というドラマ性にあったのだと思います。その感動、その熱狂がこの時代に即していたというのは幸運な事であり、また誇らしい事なのだと、今回の受賞で改めて実感しています。

 

『Fate/Grand Order』はまだまだ偉大な先達たちには及びもしないタイトルですが、ユーザーさんと一緒に成長できる事がスマートフォン向けゲームの長所でもあります。投票いただいた皆さん、真剣に吟味してくれた審査員の方々の期待に応えられるよう、これからも精進してまいります。

 

大きな声援、大きな理解をいただき、本当にありがとうございました!

 

 

■日本ゲーム大賞について

日本ゲーム大賞は、コンピュータエンターテインメントソフトウェアをひとつの文化として捉え、その振興を図るとともに、コンピュータエンターテインメントソフトウェア産業の発展に寄与すること、コンピュータエンターテインメントソフトウェア産業全体の社会的認知の拡大と、向上に努めることを目的に、家庭用ゲーム機、パソコン等プラットフォームの種類に制限を設けず、「公開」「公平」「公正」 の精神に則り、優秀なコンピュータエンターテインメントソフトウェアを選定し、表彰するものであり、1996年度より表彰が開始されました。